« カタクリが咲きました。 | トップページ | あしび咲く。 »

2005/03/21

しょうじょうばかま(猩々袴)。

「暑さ寒さも彼岸まで」です!!
dc032018
花色を猩々(赤い顔の想像上の動物)に、
葉を袴にみたててこんな名前がついたようです。

片栗に隠れて猩々袴かな  赤とんぼ

|

« カタクリが咲きました。 | トップページ | あしび咲く。 »

コメント

ちゃりさん、今晩は。
カタクリの咲く斜面の反対側にひっそりと咲いていました。
今日は、雨です。
〈子の芽起こし〉の雨です。
京都の桜、いつか見に行きたいと思っています。
仕事先の同僚達が4月2日、3日とツアーで京都の桜を見に行きます。
誘われたのですが、都内の〈桜めぐり〉に申し込んだ後でした。

投稿: 赤とんぼ。 | 2005/03/23 20:04

コロコロさん、今晩は。
〈猩々とはオランウータンのことですが〉。
オランウータンですか!!
我々の祖先は想像力が豊ですね。
〈カンザシバナ〉の方がしっくりします。
ようやく春本番です。

投稿: 赤とんぼ。 | 2005/03/23 19:55

猩々袴、実際見た事無かったんですが
こんなお花だったんですね♪

こちらも暖かな連休でした。
さっそく下り坂のようですが。
どんどん花が咲いて行きますね(^.^)

投稿: ちゃり | 2005/03/21 23:42

赤とんぼさん、こんばんわ~。
野草名 ショウジョウバカマ (猩々袴)
学 名 Heloniopsis orientalis
科 名 ユリ科
花 期 4月~5月
生育地 山野の湿り気のある地
草 丈 10-30cm
別 名 カンザシバナ
仲 間 シロバナショウジョウバカマ

ショウジョウバカマの名前のショウジョウは「猩々」のことで、紅色の花を能楽で使う能装束の赤い頭の毛と見立て、花の下の葉を袴と考えたものだと言われています。
猩々とはオランウータンのことですが、その赤い顔からつけられたとも言われています。
花の色は淡い赤紫や朱色のものがあります。 

投稿: コロコロ | 2005/03/21 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょうじょうばかま(猩々袴)。:

« カタクリが咲きました。 | トップページ | あしび咲く。 »