« 立てば芍薬。 | トップページ | えごの花。 »

2005/05/22

野茨。

童はみたり♪、野中の薔薇………♪
dc052242-360
野道の薔薇も咲き始めました。


|

« 立てば芍薬。 | トップページ | えごの花。 »

コメント

コロコロさん、
いつもコメント、ありがとうございます。

実は、自分の勘違いにビックリしました。

野茨は白い花だと思っていました。
〈紅におう 野中のばら〉。
“紅におう”って赤いバラなんですね……!?

ゲーテの詩なんですか、スミマセン、知らなかった"^_^"。

〈小ばら、小ばら、赤い小ばら、〉。
やはり赤いバラです。

若い頃は白いバラが好きでした。
今は、真っ赤なバラがすきです。
遅い青春! です。

投稿: 赤とんぼ。 | 2005/05/23 19:28

赤とんぼさん
少し調べてみました。

童は見たり 野中のばら
清らに咲ける その色愛でつ 
あかず眺むる 
紅におう 野中のばら 

これはご存知のとおり、ゲーテの詩ですよね。
ゲーテの詩そのものを対訳すると

わらべは見た、小ばらの咲くのを。
荒れ野の小ばら。
水々しく、目ざめるように美しいので
近くに見ようと走り寄り、
喜びに溢れて眺めた。
小ばら、小ばら、赤い小ばら、
荒れ野の小ばら。

となるそうです。若干違うような。

道のへの うまらの末(うれ)に
這(は)ほ豆の からまる君を
別(はか)れか行かむ」
(うまら=野茨) 万葉集

投稿: コロコロ | 2005/05/22 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野茨。:

« 立てば芍薬。 | トップページ | えごの花。 »