« 梅雨入りですか? | トップページ | 子猫物語その② »

2005/06/04

子猫物語。

我が家に、兄弟の子猫が来て、5日たちました。
まだ、ほんの子猫で、哺乳瓶からミルクを飲んでいます。

哺乳瓶を持つのは久しぶりです。
ここで、子供が小さい頃、哺乳瓶で失敗したのを想いだしました。

哺乳瓶の乳首の穴の大きさに、大、中、小があって
(多分あったと思います)。
子供に飲みやすいようにと、大きい穴の乳首を買ってきて、
長女が思いきり噎せ返った事を思いだしました。

今日の子猫は、約3時間起きにめを覚まし、ミルクをねだります。
2匹にミルクを飲ませると30分かかります。

ウゥーーム……、誰もいない時は!?
どうしましょうか!?!?

dc060472

|

« 梅雨入りですか? | トップページ | 子猫物語その② »

コメント

ちゃりさん、大変だぁ……!!

よたよた歩いていたのが、ほんの少し早く歩くようになりました。
兄弟同士じゃれあってもいます。
目を離すと何処に行ったのか?


投稿: 赤とんぼ。 | 2005/06/05 19:19

3時間おきに目を覚まし。。ホントまだ赤ちゃんですね。大変だぁ。

投稿: ちゃり | 2005/06/05 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子猫物語。:

« 梅雨入りですか? | トップページ | 子猫物語その② »